後から怪我がわかった場合

事故に遭い、その直後はなんともなくピンピンしていても、数時間経過してから、または翌日になって突然痛みや何らかの症状が出てくる事があります。これは事故に遭った被害者によくある事です。

事故直後は興奮して気が張っているいるため、怪我をしていても気づかない事が多いのです。数時間経ってホッと安心した時に、急に痛みが出たり症状が出たりしますので、この場合はすぐ病院に行って診てもらいましょう。事故後すぐに病院に行きますが、この時症状が出ていないと気づかない事もあります。病院で診てもらい何らかの診断が下ったら、必ず診断書を書いてもらいます。

事故の数時間後や翌日という事もありますが、人によっては数ヵ月後に後遺症が出る事もあります。この場合はかなり時間が経過しているので、事故とは関係ないと言われる事もありますが、事故後すぐ病院に行っていれば、それが事故と因果関係がある事が確認できます。

事故後の後遺症はいつ出るかわからないので、事故直後に病院に行くのはとても重要なのです。もしも病院に行かずにいると、後遺症が出てもそれを事故と結びつける事が難しくなってしまいます。自分ではなんともないと思っていても、どこかぶつけたり打ったりしている場合は、必ず病院にい行き、事故に遭った事を伝えておきます。この時診断書も忘れずにもらっておきましょう。
また、あらかじめ弁護士へ相談をしておくのも良いです。慰謝料や損害賠償、保険金の額を引き上げてもらえることがあります。

関連リンク〔弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故の慰謝料・賠償金などの無料相談を受け付けている法律事務所です。