被害者になった時にすべき事

事故に巻き込まれ被害者になった時、意識があり怪我も軽く動ける場合は、まず安全なところに避難しましょう。これは加害者がすべき救護措置ですが、状況によっては自分で動いた方がいい場合もあります。もちろん加害者が救護措置をする事も確認しておきます。

安全な場所に移動したら、すぐに警察に電話をしましょう、加害者や周囲の人が連絡する事もありますが、自分で連絡する方が確実です。ただし気が動転していると、覚えていて当たり前に思える「警察は110番」という事すら忘れてしまう事があります。これは事故に遭ったショックで気が動転しているからです。可能ならすぐに警察に連絡しましょう。

もしも加害者が警察を呼ばす示談に持ち込もうとしても、絶対に受け入れてはいけません。相手が任意保険に加入していないとか、何度も違反をしており事故を起こした事がバレると免許取り消しになるような場合は、警察沙汰にせず示談に持ち込もうとします。中には飲酒運転をしている人もいるので、必ず警察に連絡してください。

もしも逃げそうな素振りを見せたら、すぐに携帯で車やナンバーを撮影しておきましょう。可能なら相手の顔も撮っておきます。もしも被害者が怪我をしている場合は、人身事故扱いになりますので、警察への通報は欠かせません。警察に通報しないと、事故証明証が発行されないため、自動車保険が使えません。